首を正常に健康にする|気になる人は慢性疲労症候群かどうか診察してもらいましょう

気になる人は慢性疲労症候群かどうか診察してもらいましょう

先生

首を正常に健康にする

聴診器

頸椎椎間板ヘルニアは、椎骨と椎骨の間で動作の際の衝撃を減らしたりするクッションのような役割をしている椎間板がすり減ったり変形することで痛みや痺れが出る症状のことを言います。加齢や遺伝、外傷など様々な要因がありますが多くの場合は姿勢の悪さや長時間同じ姿勢で作業をする仕事、高い枕で寝るなどの悪習慣が要因となることが多いとされています。そこで、頸椎椎間板ヘルニアの症状を改善するには生活習慣を改善することも欠かせないと言えます。姿勢を正し、同じ姿勢で作業する場合はこまめに休憩を挟むようにし、枕は高さのあるものよりも低いもののほうが首にかかる負担が少ないと言われています。重いものを持つことも控えるほうが良いと言えます。

頸椎椎間板ヘルニアの治療は、多くの場合は保存療法がまず取られます。保存療法で治療を行っても症状がなかなか改善されない場合は最終的に手術を受けることがあります。保存療法は、変形した頸椎を正常な位置に戻すために牽引治療を行ったり超音波治療、注射や薬物療法などがあげられます。また、自宅で自分で出来るケア方法としては、肩から首にかけての血行を良くするために入浴したりストレッチを行うことも良いと言われています。頸椎椎間板ヘルニアは、初期段階であれば痛みや痺れがあっても比較的快方に向かいやすく症状を改善させることが可能であるため出来る限り早い段階で整形外科を受診して治療を開始することが大切であると言えます。