利用数が増加する医療|気になる人は慢性疲労症候群かどうか診察してもらいましょう

気になる人は慢性疲労症候群かどうか診察してもらいましょう

先生

利用数が増加する医療

ナース

医療費は制度の利用で上限まで

高齢化に伴い、在宅医療が国を挙げて推し進められています。 現代は長く入院に頼って来た為、早くも在宅を促されて戸惑う方は少なくありません。 しかし様々なサービスが増えるに連れて、在宅医療の良さが広まりつつあります。 例えば癌の末期で在宅医療を受けられている方で、入院中は持続的な痛みがあり薬でコントロールする事も難しかった方が、在宅医療に移行されて痛みを感じなくなったという例です。 それは心理的な効果と考えられていて、安心出来るご自宅へ戻られた事が大きかった様です。 その様な改善例が在宅では多く聞かれ、また、医療機関も関心を示されて在宅医療に乗り出す所が増えています。 しかし気になるのが医療費で、在宅医療は通院に比べて高いのではとご心配される方が多くいらっしゃいます。 在宅も通院も、制度の利用で負担は軽くなります。 例えば高額療養費返還制度は収入に応じて支払う上限が定められており、事前の手続きで適用されます。 手続きが後になっても、期限内であれば後に返還されます。 但し保険が利かないものもあるので、事前にご確認下さい。 他にも年齢や状態等によって受けられる制度があり、ぜひ知識として持っておくと助かります。

現代に古き良き時代の医療が再び

在宅医療は、呼称こそ違えど昔からありました。 しかもそれが昔の医療の主流だったのです。 具合が悪ければお医者様に往診に来て頂き、最期は自宅で迎えるものでした。 それが高度経済成長に伴い医療も高度化して、病人は自らお医者様のもとへ出向く様になりました。 益々高度化する医療技術を蓄えた病院は、格好の療養の場としてもてはやされる様になり、自宅で診て頂く医療は影を潜めるようになりました。 しかし近年の高齢化に伴い、医療費の高騰を始め、入院の受け入れや終末期を過ごす場所の確保が難しくなった現状に、在宅医療案が打ち出されたのです。 それはまだ始まったばかりですが、医療費の削減や患者の望ましい療養生活として成果を挙げると期待されています。