がんが転移する前に治療しよう|最新のがん治療をチェック

男性ドクター

細胞を利用する治療

横になる女性

がん治療は日々進歩している医療分野です。特に近年注目されている治療方法が人間の免疫機能を利用した免疫細胞療法と呼ばれる治療方法です。人間の免疫細胞を利用してがんの治療を行なっていきます。

Read More

移動するがん

入院患者と先生

私達人間の細胞は身体の状況に合わせて増殖したり増殖するのを中止したりします。細胞が成熟すると様々な機能を持ちそれぞれ働きを行ないます。古くなった細胞は機能も段々低下してくるので新しい細胞と交代するので私達の身体は成長し、自然治癒が行なえるのです。もともとがんは人間の細胞であるため、この細胞の性質を持っています。そのため、時間をかけて増殖する事もでき、他の場所に移動する事も可能なので非常に厄介です。がん細胞に近い組織から広がっていく浸潤を起こしてしまう事やがんが移動する際には血液の流れやリンパの流れなどによって転移してしまう場合などがあります。転移してしまうと全身にがん細胞が行き渡ってしまっている可能性が高いので、化学療法や放射線治療などで治療を行なっていくのが一般的です。

転移しやすいがんとして知られているのがリンパ節や骨など、全身の細胞と繋がっている細胞です。また、大きな血管やリンパ管の周辺にある臓器は離れた場所にがんが移動してしまう遠隔転移を起こしやすいので治療後も注意しなければなりません。さらに、がんが発生した場所によっては転移を起こしにくいものもあるので転移する可能性が高いのか低いのかを考えてから治療を行なっていきましょう。転移しやすいがんは別の場所から再発する可能性が非常に高いのでがんの原発した場所だけでなく全身の検査を定期的に行なっていく必要があります。腹部の部分には太い血管も多く臓器が集中している事もあるので転移する前に早めに対処する必要があります。

十二指腸で発生するがん

患者と看護師

十二指腸がんは小腸に発生するがんです。栄養を摂取する機能を持っている十二指腸でがんが発生してしまうと栄養の摂取機能に障害が発生してしまうので非常に厄介なんので倦怠感が酷い場合はすぐに病院で検査をしましょう。

Read More

女性特有のがん

カウンセリング

女性特有のがんである卵巣がんは他のがんに比べて若い方の発症率が高いとされています。予防方法としては生理不順や生理痛の改善などが最も良い方法だとされているので生活習慣の見直しなどを行ない改善していきましょう。

Read More